カルドセプトリボルト カード検索 & ブックビルダーリボルトポッセTwitterでサインイン
R28bl4p
ひでちゃんですよ。

約1年前

約1年前

ブック名タイプコンセプトマップ目標魔力対戦人数最終更新
R28bl4p
Type creature normalType creature water周回数をコントロールするコンセプト。ネット対戦で時々遭遇するスペルオンリーブックを参考にした。グリッド80004人戦10008日前
R28bl4p
Type creature normalType creature windタイニーアーミー二回を増資の原資とする本。 カオスパレスのような広めのマップでは高額地の侵略が決まりにくいことから、ナイキーが十分に拠点の候補になり得る。 cepternaokoさんが同一のコンセプトを使用しており、びっくりしてビックリマンチョコになった。カオスパレス80004人戦2600約1ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature earthアステロイドを提示し遅延を狙う本。 地ブックはコストの安い防御型クリーチャーが多く、序盤に効率よく配置できればランドトランスの力に頼らずとも20R達成が見えてくる。 一方で、水ブックのマカラ、火ブックのティアマト、(風ブックのテュポーン)のような色被りの場合の連鎖組み込み手段に乏しく出遅れるリスクがあるため、逆転のホームグラウンドを1枚採用した。 人生一度きり、Dream、つかみに行く本である。デュアルブランチ80004人戦2100約1ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature fireType creature earth火被り場のケアを厚く見た火侵略本。MHP40のシグルドはリチェノイドの秘術でHPを10上げることでガイザーやナパームアロー耐性が付くことから拠点として機能する。 火被りの際に採用されやすい、ナイトエラントやケットシー、ガスクラウドを処理できるティラニーが1枚。 水・風ブックに圧力をかけつつ自らの連鎖に組み込めるティアマトを2枚。 ムシュフシュ、シグルド、バインドミストの採用で、地ブックは安心して拠点にできるカードが採用率の低めなグリマルキンくらいになるので、速度を落とすことが可能。 万が一グリマルキンを上げられた場合でもティラニーでチクショーさせられます。 ドローが薄めなうえシンボルクリーチャーが多いのが改善点。ジャンクション80004人戦8800約1ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature waterマジカルを想定。マジカルリープを消して踏ませ場を作ります。 ドローソースはフォーサイト。リバイバルでブックをシャッフルさせつつ必要なカードを補充することで、リバイバルを実質的なドローソースとして置換できないかを検討した。 火ブックがいるとマジカルリープを消す前にバインドミスト等の物騒なカードを消すのに忙殺された。マガタマ80004人戦19004ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature wind1.ライフフォースで現金をたくさんためます。 2.頃合いを見計らってバリアーを貼ります。 3.トランス戦術で逃げ切ります。 パトロナスに期待しすぎているため、パトロナスをつぶされると苦しい戦いを強いられます。スパイクス80004人戦91004ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature waterかるどせぷと しょしんしゃなので [wikiのさんぷるぶっく](https://cwiki.lames.jp/culdrevolt/?%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E6%8A%95%E7%A8%BF%2F%E3%82%BC%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E8%BB%B8%E6%B0%B4%E8%B5%B0%E3%82%8A%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF)を まねしたら けっこう かてました。 まじかるりーぷと ぎふとは どうかんがえても つよいので 4まいずつ いれました。エイビアン80004人戦91005ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature wind相手のダイスがレベル5ヨーウィ(+グリード)に来るように祈ります。 信心が足りれば三回踏ませて圧勝することができるでしょう(実体験)。バイパス80004人戦87005ヶ月前
R28bl4p
Type creature normalType creature fireソリッドワールドにより、採用頻度の高いマカラやシフトによる連鎖確保を咎め、加えてティアマトテュポーンによる気軽なレベル1侵略を抑制するコンセプト。 6Rの世界呪いは序盤中盤でかなり出遅れさせることが可能なため、バイパスで見られがちな10R前後でレベル4踏ませ→投資といった動きを抑制することが可能(300G地変により土地に投資するのが遅れるため)。 こちらはホームグラウンドで連鎖を確保し、トランスやドリームテレインによる増資で一気に伸ばす。 クリーチャー選定は色違いの土地でも武器や援護を強要し気軽に倒すことが難しいクリーチャーを採用した。バイパス80004人戦92005ヶ月前