カルドセプトリボルト カード検索 & ブックビルダーリボルトポッセTwitterでサインイン

ギガ獣

最終更新:10ヶ月前
タイプ: Type creature earth
マップ: カオスパレス目標魔力: 8000想定人数: 4人戦
作成日時: 2019/08/26 22:02
  • R28bl4p
  • クリーチャー20
  • Type creature earthウッドフォーク2
  • Type creature earthギガンテリウム4
  • Type creature earthシルバンダッチェス3
  • Type creature earthドリアード4
  • Type creature earthピクシー3
  • Type creature earthランドアーチン2
  • Type creature earthロックトロル2
  • アイテム5
  • Item armorマグマアーマー2
  • Item armorマグマシールド1
  • Item accessoryウォーロックディスク2
  • スペル25
  • Spell instantアースシフト3
  • Spell instantギフト4
  • Spell instantドレインマジック2
  • Spell instantランドドレイン3
  • Spell instantリリーフ2
  • Spell curseクイックサンド3
  • Spell curseバリアー3
  • Spell curseマジックシェルター2
  • Spells world curseナチュラルワールド3

クイックサンドをレベル5天トラをサポートするカードとして使う本。

■運用

ドリアードを絡めて速やかに集合配置での連鎖を形成し、5-1-1-1-1の状況からクイックサンドによるランドトランスを行います。当然レベル4以上の踏ませが狙える場合は積極的に踏ませに行きます。
レベル4踏みによって得られる利益は、マカラプレイ(40G魔法石10枚購入+レベル4投資560G)と同等であり、マカラプレイに遅れない立ち回りを念頭に置いています。

■クリーチャー(20)
ギフト以外の追加のドローソースを採用しない場合10ラウンドまでに8枚のクリーチャーを引くためは、本来は22枚必要です。
ラクーンに比べて展開が遅いように感じたので、10ラウンドまでに7枚のクリーチャーがあれば何とかなるかなと思いクリーチャーの枚数を減らすことにしました。

〇無印クリーチャー(20)
・ドリアード(4)、ピクシー(3)
ドリアードは連鎖形成に貢献するカードでピクシーは不屈による魔力調整が可能です。
水ブックのマカラの機能をリリーフ2枚と組み合わせることで擬似的に再現しており、この2種類のカードが本ブックにおけるクリーチャーの軸になります。

・ランドアーチン(2)
横付け対策。リリーフと組み合わせたいカードでもあります。3枚採用したいものの援護餌としてはロックトロルの方 が遥かに優秀なため2枚としました。

・ウッドフォーク(2)
魔法陣ストーンブラストに強い援護クリーチャー。レベル1の攻防でムシュフシュ(テュポーン)+グレムリンアイに対してはロックトロルでも解決でき、ヘルパイロン応援があった場合でもギガンテリウムを着せれば応戦が可能です。ムシュフシュ(テュポーン)に対してのケアを薄めて良いと考えるなら1枚をピクシーに差し替えたいところです。

・ロックトロル(2)
ややコストは高いもののウッドフォークのお供として優秀。場の火力が低ければ拠点に出来ないこともありません。

〇領地コスト1クリーチャー(3以上)

・ギガンテリウム(4)
MHP30群のばらまき援護クリーチャーをムシュフシュ(テュポーン)+グレムリンアイから防衛し倒すことの出来るギガンテリウムを4枚採用しました。
また、地が被った際のウォーロックディスク+グレートタスカーから連鎖維持を狙える点も見逃せず、4枚採用しても十分腐らないと思います。シャッターやグレムリンアイで割られないダイヤアーマーの強さを体感してみてください。

〇領地コスト2クリーチャー(3)

シルバンダッチェス(3)
地援護における最強の拠点クリーチャーであるシルバンダッチェスを3枚。MHP30群の防衛底上げにもなるブロンティーディスを選択しても良いですが、地被りの援護クリーチャーをST50の援護餌と組み合わせて牽制したくシルバンダッチェスを選択しました。

■アイテム(5)
本来7枚採用すべきですが、N援護によりスペクターローブやエンジェルケープを採用せずともグレムリンアイの対策が出来ていると判断し、拠点防衛用のアイテムに特化して5枚としました。

・ウォーロックディスク(2)
グローブ横付け対策、色被りの連鎖切り(そして連鎖に組み込む)、拠点防衛とこのブックのコンセプトに最も合致したアイテム。本来は3~4枚採用したかったものの、手札破壊の対象になりやすく泣く泣く諦めました。

・マグマアーマー(2) マグマシールド(1)
それぞれ各1枚でしたがウォーロックディスクを1枚減らした分を、マグマアーマーとしました。援護によって拠点攻防のムラサメテュポーンまでケアできるので、シグルドに分からされないためのマグマシールドを2枚にしても良いと思います。

■スペル

スペルは採用順序で解説します。

・ギフト(4)
インフラとして必須と考える枠です。

・クイックサンド(3)
クイックサンドによって天トラを積極的に狙うため、いつでもレベル4を作って踏ませるぞという意思を示すために10R前後には手札に抱えておきたく3枚採用しました。

・バリアー(3)
クイックサンドをセフトされることが負け筋に繋がるので、バリアーを採用しました。バリアーによってドレマが見えていても天トラをすることが出来るため相性が非常によいです。

・ナチュラルワールド(3)
マカラ・バードメイデン・グーバクイーンを遅らせる目的だけであればナチュラルワールドの採用理由にはなりません。
当然、このブックではナチュラルワールドで遅れを取らない構成にはしておりますが、スクリーマー・バーナックルの秘術無効化することでクイックサンドを通しやすくできるカードとしても大いに役割が持てると考え採用するに至りました

また、風ブックのスレイプニルによる繰り返しの侵略にも耐性を得られるのも強みとなります。

・アースシフト(3)
このブックはドリアードで連鎖を確保出来ますが、シフトをサボった場合で、地被りになると大きく遅れをとるので、3枚採用しました。
地が被らなければ長時間保持するメリットは薄めであり優先的にディスカードします。

・リリーフ(2)
ドリアードを地土地に置きやすくするカードです。
ダウン解除後に地土地に置いたドリアードをリリーフで差し替えて再度地土地に遠隔移動することで連鎖を1つ組み込めます。そしてシフトよりも大幅に安く、2周目の即死売買のしやすさに貢献する。

・マジックシェルター(2)
ターンウォールと選択。横付けクリーチャーによる連鎖削りを許さないよう、(ランドアーチン+横付け対策スペル)≧4枚 とすることにしました。
ランドアーチンの枚数は先述の通り2枚としたことから、この枠は2枚採用することとします。
ターンウォールはヘルパイロン応援やナチュラルワールドを引けない時のスクリーマーの対策として強みがあります。
マジックシェルターはアステロイドが見えた時にレベル5を作りやすくする強みがあります。
アステロイドの流行りは半年前にとうに過ぎているとの考えですが、万が一が有り得るので今回はマジックシェルターを選択しました。

・ランドドレイン(3)
二周目の即時売買をサポートするカードです。また、ランドドレインの重ねがけにより特定のプレイヤーを遅らせることも出来ます。
自分が重ねがけの対象にならず、重ねがけの対象を他所に向けるバリアーとの組み合わせが非常に強力です。

・ドレインマジック(2)
ドレインマジック自体はレベル5トランスを牽制するために終盤引ければよく、セフトにより現地調達することも考えられますが、今回は早い場が想定されたこととセフトにより1手遅れることを嫌い自分からドレインマジックを仕込むことにしました。
ドレインマジックの採用により、ブック枚数の都合でマジカルリープを諦めることとなりましたが、万が一クイックサンドをセフトされた後に、ドレインマジックによって他者への嵌め行為のおこぼれを預かれると考えたので、自分自身を納得させることにしました。

■不採用のカードで特徴的なもの

・リビンググローブ
援護により高HP高STがレベル1においても気軽に出せるため、当初2枚採用していたリビンググローブウッドフォークになりました。

・マジカルリープ
このマップでは周回短縮が速さになる訳ではなく、連鎖の確保、集合配置の達成はドリアード4枚によりある程度は担保されていると判断しました。
ランドアーチン、マジックシェルターにより連鎖切りの移動侵略に対してもある程度対応出来るとするならば、このカードの使途がほぼ天トラに限定され、その役割をクイックサンドで代用できることから、思い切ってマジカルリープを抜くことにしました。

コメント