カルドセプトリボルト カード検索 & ブックビルダーリボルトポッセTwitterでサインイン

棘だらけの種

最終更新:5ヶ月前
タイプ: Type creature normalType creature earth
マップ: ロングホーン目標魔力: 8000想定人数: 4人戦
作成日時: 2019/05/01 15:21
  • 133f30843ec3e4163aca48477809f772
  • クリーチャー21
  • Type creature normalリビングアムル1
  • Type creature normalリビンググローブ2
  • Type creature earthウッドフォーク2
  • Type creature earthカクタスウォール1
  • Type creature earthグレートタスカー3
  • Type creature earthシルバンダッチェス3
  • Type creature earthスクリーマー1
  • Type creature earthセージ1
  • Type creature earthランドアーチン4
  • Type creature earthロックトロル1
  • Type creature earthワーベア2
  • アイテム8
  • Item accessoryウォーロックディスク2
  • Item weaponカタパルト1
  • Item armorスペクターローブ1
  • Item armorマグマアーマー1
  • Item armorマグマシールド2
  • Item armorリアクトアーマー1
  • スペル21
  • Spell instantアースシフト4
  • Spell instantギフト4
  • Spell instantシャッター1
  • Spell instantスニークハンド1
  • Spell instantセフト1
  • Spell instantドレインマジック2
  • Spell instantフィロソフィー1
  • Spell curseホーリーワード81
  • Spell instantマジカルリープ4
  • Spell instantランドトランス2

 2019/04/27ラストリボルトにて使用。3戦3勝、決勝もコレでねじ伏せました。平成最後の王者のブック。なお、決勝ではひろよしさん、ボイラーズさんがグレムリン使って来そうな気がして、アーチンを1枚セージに入れ替えてました。
 ロングホーンは殴り要素はピンポイントで良さそうと判断し、火は棄却。キッチリあげられる水か地、であれば踏ませをねらいやすい地、と選んだのがブック構築のスタート。ラストリボルトでは1試合目は偶然、2試合目はHW8ハメ、決勝では動的踏み制御でレベ5踏ませて勝ちました。
 踏みについてはドリームテレインも検討に上がりましたが、結局後追いになったときに速度的に追いつけないと感じ、私は不採用。
 ただ、残念ながらチーム内で最も問題視されていた「ロングホーンで地ブックが被ったときにお互いにスクリーマー&タスカー+ディスクで消耗し合ってしまう問題」に対しては回答を出せなかった。ターンウォール入れてスクリーマーを潰す、ファットボディを自分にかけてHP70を作り出す、ディスクをメタモするなどの試行錯誤を繰り返したものの、決定打にはならず。スニハンを入れて侵略の指向性をコントロールする、というところまでが現実的なラインでした。もっと詰められたとすればココ。ああ、帰ってきてアンゴスツーラ……。
 ブック名はthe pillowsの曲「Spiky seeds」より。進化しないまま、僕らは原点回帰の真っ最中。

コメント