カルドセプトリボルト カード検索 & ブックビルダーリボルトポッセTwitterでサインイン

アセンブルキング

最終更新:12ヶ月前
タイプ: Type creature fireType creature waterType creature earthType creature wind
マップ: ロストウッド目標魔力: 10000想定人数: 4人戦
作成日時: 2018/11/09 08:39
  • R28bl4p
  • クリーチャー32
  • Type creature fireショッカー2
  • Type creature fireデッドウォーロード2
  • Type creature fireナイトエラント2
  • Type creature fireパイロクルス2
  • Type creature waterフェイト4
  • Type creature waterルーンアデプト4
  • Type creature earthピクシー4
  • Type creature earthロックシェル4
  • Type creature windクラウドギズモ3
  • Type creature windマーシャルモンク2
  • Type creature windマッドハーレクイン2
  • Type creature windレムレース1
  • アイテム0
  • スペル18
  • Spell instantアセンブルカード4
  • Spell instantギフト4
  • Spell instantフィロソフィー4
  • Spell instantリバイバル2
  • Spell instantリンカネーション4

ブックを1周させることで5アセンブル以上を目指すブック。

ニセンブルンさんに本構築を渡した結果、6試合29アセンブルを達成した。
(※1試合最高8アセンブルを2回記録)

なお、参考記録ながら、一切の侵略を行わない状態で30R対戦を試みたところ、22アセンブルに成功した。

初手アセンブルカードが決まる確率はおよそ3%
リンカネーションでカードを7枚ドローする場合は約7%である。

ブックの回転を考慮するのであれば、手札にアセンブルカードがない場合、リンカネーションは即打ちして構わない。

以下ブックの構築手順について詳説。

1.アセンブルカード、ルーンアデプトの採用
アセンブルカードを1試合に5回以上決めるために当然アセンブルカードは4枚。
同様にアセンブルカード連打を狙いアセンブルパラダイスが狙えるルーンアデプトは4枚採用する。

2.リンカーネーションの採用
ブックを15ラウンド程度までに1周させることで5枚目以降のアセンブルカードを引き出すため4枚採用する。

3.リバイバル2枚について
アセンブルカードやリンカネーションをメタモルフォシスされた場合の対応策として2枚採用(そもそもこれらのカードを消した時点でその人は試合以外のところで負ける気がしないでもない)。
序盤にアセンブルカードやルーンアデプトが大量に引いてしまった場合は積極的にブックをリセットさせても構わないが、このカードを手札に温存するためにリンカネーションの使用を躊躇うことは避けた方が良い。

4.その他クリーチャーについて
各属性9枚ずつ採用することで初手アセンブルカードの確率を4.3%まで引き上げることができるが、クリーチャー自体でドローを補助できるカードがフェイト、クラウドキズモしか存在しないことを考慮し、8枚ずつとした。その他、盤面上のクリーチャーを素早く手札に回収できる不屈クリーチャーと、秘術による”平和”により最後に拠点にすることのできるロックシェルを4枚採用した。クラウドキズモの秘術を他者に打つことはありえない(失笑)。

5.ドローソースについて
フィロソフィーはよほどのことがない限り常時3枚引けるドローソースである。状況によっては多額のげ金を抱えるため序盤は1位になりやすいためギフトが強いとは限らない。手札の状況によってはフェイトの秘術やクラウドキズモの秘術を優先させた方が良い場合があるのでこの後数ラウンドでギフトで複数枚ドローできそうな状況になるか見極めること。

コメント