カルドセプトリボルト カード検索 & ブックビルダーリボルトポッセTwitterでサインイン

白塗り

最終更新:1年以上前
タイプ: Type creature normalType creature water
マップ: カオスパレス目標魔力: 8000想定人数: 4人戦
作成日時: 2018/10/10 23:23
  • R28bl4p
  • クリーチャー20
  • Type creature normalリビングアムル2
  • Type creature waterG・ノーチラス2
  • Type creature waterアクアデューク2
  • Type creature waterアプサラス2
  • Type creature waterキロネックス1
  • Type creature waterスワンプスポーン2
  • Type creature waterゼラチンウォール2
  • Type creature waterフェイト1
  • Type creature waterマカラ4
  • Type creature waterメガロドン1
  • Type creature waterラハブ1
  • アイテム6
  • Item armorスフィアシールド1
  • Item armorスペクターローブ1
  • Item armorゼラチンアーマー1
  • Item armorリアクトアーマー1
  • Item accessoryウォーロックディスク2
  • スペル24
  • Spell instantウォーターシフト2
  • Spell instantエスケープ2
  • Spell instantギフト4
  • Spell instantシャッター1
  • Spell instantセフト1
  • Spell instantドレインマジック2
  • Spell instantマジカルリープ3
  • Spell instantランドドレイン3
  • Spells instantオブリタレート2
  • Spell curseグリード3
  • Spell curseホーリーワード81

ランドドレインとアステロイドを他者に清算させることを意識した本。

〇コンセプト
このマップでは、魔法石錬金が強く(宝石屋を通過し安い石を可能な限り購入した後、他者のレベル1を踏み即魔法石を売却し利益を得る一連の行動)、レベル4を作成する魔力の捻出が容易です。そのため、やろうと思えば15Rでの達成も不可能ではないと言えます。

一方で、ランドトランスで一気に駆け抜ける戦術は多くの土地の確保が必要で分かりやすい勝ち筋であることから、様々な干渉を受けやすいと考えました。
複数人がランドドレイン、ドレインマジック、アステロイドを手札に抱える環境でトランス戦術に持っていくのは極めて難儀でしょう。

また色が被ってしまった場合も、連鎖の構築が遅れ、現実的に15Rの達成は難しく、上述の通りトランス戦術を牽制する環境であったため実際は19-22Rの範囲でゲームが終わるケースがほとんどでした。

そのため、周りについて行く最低限の速度を用意しながら、スワンプスポーン秘術や魔力トラップ、動線管理(通称ヨシメソッド)でグリードレベル3やレベル4を踏ませる試行回数を増やすという動きをすることとしました。

この立ち回りによりバリアーや防魔クリーチャーに頼らずにランドドレインやアステロイドを清算させることができます。この着想は16bitsさんの「ヤグラ」や、「浄財回廊」の解説を参考にしました。

干渉の少ないトランス合戦となった場合には明らかに走り負ける動きをするため、石を2~3枚保持しオブリタレートで所持金をマイナスにすることで疑似的にランドトランスをしながら、石を大量に買う相手を遅らせるなどの工夫が必要になります。

〇クリーチャー
明らかにスワンプスポーンが強いマップなので水ブックを選択。マカラ+秘術は165G必要で地ラントラ本には速度負けすることを念頭に置き、他のクリーチャーはコスト重視で選定。特にアプサラスはレベル3やレベル4防衛力に長ける低コストのクリーチャーでぜひ主力としたいところです。
キーカードが引けない場合にブックを回しに行きながら、相手の侵略を心理的に抑制できるフェイトを1枚採用しました。
メガロドンを1枚採用しているのはミラーワールド下で拠点になることと、ウォーロックディスクと組み合わせることで相手のマカラやスワンプスポーンの連鎖を削りながら自分の連鎖に組み込むことができるため。

〇アイテム
拠点にしたいラハブやアプサラスは使用できませんが、相手のリビンググローブに対して非常に強力なウォーロックディスクを2枚。アクアデューク、ラハブ、メガロドンに対してアングリ―マスクを無視できるスフィアシールドを1枚。グローブ+グレムリンアイの対策になるスペクターローブ1枚、安易な連鎖削りを抑制するゼラチンアーマー1枚、採用率は低いもののナパームアローやムラサメでコンセプトがはたんし兼ねないので、リアクトアーマーを1枚。

〇スペル
オブリタレートは2枚。ランドトランスの代用として使うのは先述の通り。アステロイド場では石を大量に買い込み、5連鎖で5(防魔クリーチャー)-1-1-1-1のような上がり筋も可能であるため、そのような動きをするセプターに壊滅的に打撃を与えるため、どちらの動きをするにせよ15Rまでには1枚は手札に持っておきたいところです。ランドトランスを一切採用せず、こちらを3枚採用しても良いと思います。

ホーリーワード8は最後の足勝負になった時に相手のスワンプスポーンに対してを。当初フォームポータルを採用していましたが、こちらは序盤中盤は腐りがちなので、ホーリーワードにしました。

グリードはドローソースとしても有効。フェイトや占い館と組み合わせてキーカードを引く可能性を高めます。

マジカルリープは70Gと重く、宝石錬金できる環境が整うまで現金が不足がちなこのマップではエスケープの価値が高いと判断。
マジカルリープを3枚とし、エスケープを2枚採用しました。エスケープはダメ押しでマカラを配置し最後の連鎖数を確保できるので、終盤でも腐りづらいです。

コメント